足指を整えて健口を手に入れよう!

むし歯や歯並びの悪さの原因として

食事・間食の内容や食べ方、

口での浅い呼吸が密接に関係していることは

ご存知ですよね?

食事での噛む力を高めたり、

鼻での深い呼吸を獲得するために

とても重要なのが

"姿勢"

です。

良い姿勢を保つためには土台となる

"足指"

が正しく機能しなくてはなりません。

昔は外遊びをする機会が多く、

遊びの中で足が自然に鍛えられていました。

ゲームやスマートフォンなどの室内遊びが普及。

おまけにコロナウイルスの蔓延により、

外遊びが減少しつつある昨今・・・。

足の機能の中でも、足指が使えていない子どもが

増えています。

5本の指でしっかり地面を掴めない人は

足指→ひざ→腰→背中→頭と

どんどん姿勢を崩していき肩こりや腰痛など

全身的なトラブルの引き金になります。

そして、正しい姿勢がとれない子どもたちに

キレイな歯並びを獲得することは困難です。

前方頭位になると、口が開きやすくなる

口呼吸になりやすく、歯周病、

咬み合わせのずれ、過蓋咬合の増加

後方に倒れないようにひざを曲げ

前方頭位(猫背)になる。

足指の変形でアーチが崩れ、

不安定になると2点歩行となり、

重心がかかと寄りになる。

さて!皆さんの足指はどうでしょうか?

◎親指が内に傾いている(外反母趾)

◎小指が横に向いている(寝指)

◎指先が浮いている(浮指)

◎土踏まずがない(扁平足)

 ※土踏まずは3歳頃から形成されます

1つでも当てはまる方はぜひ!

3つの遊びをしてみましょう!

①足指ジャンケン

②ゆびのば体操

足の指の間に、足と反対側の手の指を入れる

足の底屈・背屈をゆっくりと10~20回繰り返す

③タオルつかみ

足の指だけでタオルを手前にたぐり寄せる


皆さんできましたか?

健口で楽しい毎日を送る秘訣を

もーーーっと知りたい方はぜひ

はなふさこどもデンタルクリニックへ

遊びに来てくださいね🎵

PAGE TOP