お口ポカン

みなさんは起きている時はもちろん

寝ている時にお口は閉じていますか?

開いていますか?

息をするときは(呼吸)はお鼻?お口?

新型コロナウイルスの予防対策で

マスクをする頻度が増えて

口元をみる機会も減ってきていますよね。

マスクの下でお口がポカンと開いていても気づかない、

無意識に口呼吸になっていませんか?

なんと日本人の9割が口呼吸だそうです。

家族みんなでチェックしてみよう!

【口呼吸チェックリスト】

①いつも口が開いている
 上唇の形が富士山型

赤ちゃんの唇・口呼吸の唇

②口を閉じると顎に梅干し状の膨らみと
 シワができる

③食べるときにクチャクチャ音をたてる

④歯の噛み合わせが悪い、ズレている

⑤唇がよく乾く

⑥口臭が強い

⑦朝起きた時に喉がヒリヒリする

⑧いびきや歯ぎしりがある

⑨激しいスポーツをしている

いくつ当てはまる項目がありましたか?

実は一つでも当てはまれば口呼吸の可能性があり

知らぬ間にお口ポカンになっているかも?

お口ポカントラブルは大きく分けて2つあります。

一つ目は

★お口のトラブル

口ポカンだとお口が乾燥します。

乾燥することで

・虫歯菌が増えて虫歯になりやすくなる

・歯周病菌が増えて歯茎が腫れやすくなる

・お茶などの色が着色し歯について
 とれなくなる

・歯磨きをしているのに口臭がする

・歯並びや噛み合わせが悪くなる

・滑舌が悪くなる

二つ目は

★健康に関わるトラブル

・風邪をひきやすく病気になりやすい

・アトピー性皮膚炎や喘息、花粉症、
 鼻炎、鼻づまりなどのアレルギー

・笑っているのに"笑顔"が暗い表情になる

・スポーツで力が発揮できなくなる

・イライラしやすく集中力がなくなる

私たち歯科の世界ではこのお口がポカンと

開いている癖のことを

『舌癖(ぜつへき)』

と言います。

舌癖とは、唇・舌・頬など

お口周りの筋肉が弱っていることを指します。

歯並びは遺伝によるものと思われがちですが

実は歯並びを悪くする原因のほとんどが

この舌癖にあるといわれています。

歯は歯の外側にある唇や頬と内側にある舌の

バランスの良いところに並んでいくのです。

乳歯のうちから歯がキツキツ、ガタガタ、

傾いている、前歯が出ている、受け口、

噛み合わせが深い…などあれば

舌癖によるものと考えられます。

一度ついてしまった癖をただ意識するだけで

改善するのは難しいですよね。

今回はお口ポカンと舌癖による

トラブルについてお話しました。

次回は毎日できる簡単な工夫や

トレーニングをご紹介しますね(^ω^)♪

PAGE TOP