口元をぶつけて歯が抜けてしまうことや欠けてしまうことがあります。速やかに適切な対応をすることで、元に戻せる可能性が高くなります。



歯が抜けた場合
水で洗うことはせず、牛乳につけてお持ちください。牛乳がない場合は、お口の中に入れてきていただいてもかまいません。(飲み込まないように注意しましょう)
水道水は避けましょう。また、歯の根には触らないようにしましょう。砂や汚れがついていても洗わないでくださいね。

歯が欠けた場合
歯が欠けてしまった場合は、その破片を見つけてお持ちください。この場合は牛乳につける必要はありません。




歯がグラグラになった場合
そのままご来院してください。しっかりと固定する処置を行います。そのままにしておくと抜けてしまうことがありますので、きちんと治療を受けるようにしましょう。

► 診療内容はこちらを見てね!

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP